« ブラックデビル | トップページ | ディラック »

2011年2月25日 (金)

990Xに換装してみた

先週の土曜日に、Sandy Bridgeマシンを製作できないフラスト(と、Intelのせいにしてみる)から、先日発売された990Xを購入しましたので、換装してみました。ロットは3044B119 でした。

写真は換装中の1ショットです。

990x

水冷の場合、水枕の着脱は(配管を工夫してあれば)容易ですので、 換装も楽です。

ここではPCを移動、倒したりもぜず、置いてある場所のまま(もちろん電源は抜きます)で、980Xから換装しました。ただ、グリスの屑が回路にばら撒かれると良くないので、周りを簡易的に、ビニールシートで覆っています。 なんというズポラぷり。。。

換装後の写真。990x_2

まあ、当たり前ですが、見た目何ら変わりません。。

で、さっそく回してみました。

ここから先は、いろいろデータをお出ししたいのですが、その後ちょっと家を空けていることもあり、とりあえずは出張先からのメモ程度です。

私の980Xは初期ロットでしたが、石としては"並"で、常温水冷では27x165の4.45GHzが常用の限界でした。

今回のヒートエクスチェンジャを使った水冷の強化で、もっと上が使えるようになったのですが、本当の意味での常用設定は現在まで、27x168の4.53GHzに留まっています。 (27x169や27x170も、かなり安定はしていますが、Primeでは5,6時間でBSODが発生します。必要電圧の1.48Vが、ちょっと高すぎる模様。)

尚、私の場合は常用設定とは、"prime95 24時間、OCCT 1時間、TripcodeExplorer 1時間"が完走することを条件にしています。

で、今回の990Xですが、写真のように151x31の4.68GHz

Prime95_467b_4

で、常用3テストを完走しました。今まで持っていた980Xより、1段上まで行ける感じです。

ただ、BCLKが低めなのは、まだこの石の特性がよくわかっていない手さぐり状態なためです(980Xと全く同じ設定だと起動しなくなる)。この先もうちょっと詰めて、常用4.7GHzは超えたいですね。

ただ、990Xは980Xと(当たり前ですが)特性はほぼ同じですね。980Xの当たり石相当と言えるかもしれません。

当たり980Xを持っている人は、敢えて買い換えるほどのものでもないかもしれませんが、私の場合、新しい水冷環境の実力拝見の意味もありましたので、悪くない買い物だったかな、と思っています。

ちなみに外した980Xはサブ1号機に移植し、ちょっと耐性低めなサブ1号機の980Xを手放す予定です。

« ブラックデビル | トップページ | ディラック »

水冷PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570024/50961970

この記事へのトラックバック一覧です: 990Xに換装してみた:

« ブラックデビル | トップページ | ディラック »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ