« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

ZOTAC賞と、PC部屋の近況

気がついたら2ヶ月近く更新サボってました。スミマセン;
といっても実質は、前記事ZOTACのZ68-ITXマザーは、日付の7月6日以降、1ヶ月くらいかけてトピックを書き足してました。その後もPCをあまり弄ってなかったわけではなく、パワレポの省電力コンテストにZ68ITXとE350マシンで応募し、
http://www.dosv.jp/contest/7eco/entry/detail.php?id=714
http://www.dosv.jp/contest/7eco/entry/detail.php?id=715 (以上の2つは実質1投稿)
http://www.dosv.jp/contest/7eco/entry/detail.php?id=502
前者のZ68ITXのほうはZOTACさんの賞をいただきました。
以下がその内容です。

Zotac

JOJO NG氏ってのはスタンド使いの一族の方でしょうか?とりあえず、IONマシン有難うございます!

.

さて、写真はPC部屋の近況です。
Traderoom

PC内訳でいくと、miniITX機のZOTAC Z68ITX-b-e機は前記事の通りですが、Fusion E350機も、ケース(ISK-100)をもう1個買ったのでそれに入れて、見事復活しました。とりあえず音楽や録画した番組を流しっぱなしにする場合は、そちらを使っています。

また、外付けの「おかもちBOX(HDD3台とDVD2台を搭載可能な外付BOX)」をそれぞれに作成し、写真のように取り付けました。

Okamochistyle

ラックにこの2台を上下に並べて、現在は写真のような状態になっています。

Miniitccases

現状、この2台はほぼ点けっぱなしの状態で、TV予約録画やファイルサーバーの役目を果たしています。

ちなみに、このおかもちBOXのFANはHDD温度で制御しており、42℃以下は停止、それ以上になると600rpmくらいで回るようになっています。これはZ68機のほうは本体のbigNGから、またE350機のほうは初登場のminiNGを使って制御しています。

本当はZ68機で静音化にこだわったので、ここもSmartDriveといきたかったところですが、、実際稼働させてみると私の耳はまだHDD回転音が気になるほど、”静音の病”が進行していないようです。確かに他が静かになったので、HDDのシャーという回転音がどういうものか、よく判るようになりましたけどね^^

miniNGはE350が加熱したときのケースファン駆動も制御もしています。これらの制御情報は、前もってbigNGに接続して転送してあります。
.

さて、前記事の終わりあたりで全水冷機の屋外水冷化構想を書きましたが、CM690II機以外はほぼ対応が完了し、HDD以外の冷却は屋外でやってる形になりましたので、部屋内は今まで以上に静かになり、また何よりメイン・サブ機を立ち上げていても、部屋にほとんど熱気が溜まらなくなりました。
A77F機はそのために、ファンコンをKoolanceのTMS-200に替え、裏面に固定しました。

A77fkool写真左上部の基板がファンコン

A77fkoolanceファンコンの空いた所にDVDを一基増設

ファンコンは図のように一定以下の水温ではファンを止める設定にし、

Koolancecurve

結果屋外水冷系が働かない場合のみにケース内のラジエターファンが駆動するようにしています。

BigNGと比べて機能的には低く、値段も安からずですが一応プログラマブルであり、既に取り付けてあるKoolance水温センサを入れ替えなくて済む=水抜きせずに済むので、これにしました。

ファンは0%(停止)から100%まで10%刻みで11段階の制御ができますが、最低回転の10%でも7~8割のrpmで回ってしまうため、きめ細かな制御にはなりません。

ただ停止モードがあるのと制御温度を上の図のように自由に設定できるのが、今まで使っていたKoolance CTR-CD10(これも高かったT^T)よりかは改善された点で、一定水温以下ならファンを止めるという制御が、これでようやくメイン機でも可能になりました。

ファンはPWM(電圧パルス)制御ですが、bigNGのPWMと比べれば、ノイズやLEDの明滅は出ません。

.

1200機もBigNGの設定を同様に変え、屋外系が動いている間はラジエターファンを止めています。
またそれ以外に、以前水漏れさせたせいか、グラボが調子悪くなっていましたので、グラボをGTX480SLI→GTX580SLIに替え、水枕もBitsPowerのBlack Freezerを取り付け、緑のLEDを着けました。綺麗に輝いてなかなかカッコいいです。

1200with580x2

1200evolve

1200with580x2裏側も(これでも)結構整理

本来これはCM690II機にMaximus4Extremeと共に取り付ける予定だったのですが、そちらのほうの完成は、いよいよ判らなくなりました。だって、今あるPC4台で十分といえば十分だし。。組み立てを待ってるパーツ達、スマン。

結局、こうなると各機が持っているラジエターシステムはバックアップに過ぎず通常は不要で、普段は各PCは1000Wで発熱していようと、小さなヒートエクスチェンジャーが1個付いていれば冷却は十分ということになります。

もともと屋外系の水冷システムはどの程度信頼できるのか、また真夏に使えるのかも判らなかったので、あくまで補助的な位置づけだったのですが、半年以上安定して使えている上このように威力も十分で、更に静音化にも役立つのが判りましたので、今後はもっとこれを積極的に使っていこうかなと思っています。

例えばCM690II機も改装の折には、緊急用のラジを1個だけにしてヒートエクスチェンジャーを付け、残りの空いたスペースは他の用途で有効に使おうかな、など、構想だけは進んでいます。

.

ほかに、ディスプレイ系をデュアルリンク対応のディスプレイ切替器 2台などを使ってモニター6台+1(TV)を4台のPCで活用できるようにしたこと、オーディオを4台のPCそれぞれからデジタル接続して、1月に買ったONKYOの5.1chサラウンドシステムをようやくフル活用できるようになったこと、などが現状手を加えた点で、やっと1月頃に考えたシステムが一応の完成をみた気がします。ここまで手を加えてしまうと、部屋の模様替えもうかつにできませんが、、まあその時はそのときに悩むことにします。。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ