« PX-Q3PE、およびPX-W3PEの活用メモ (Spinelなしですぐに使いたい人向け) | トップページ | TS抜きにH.265エンコード環境/再生環境を追加する。 »

2013年6月19日 (水)

Windows8 PCの祭典 (主催 DOS/V POWER REPORT) 特別賞(グランプリ)受賞

ありがとうございます

http://www.dosv.jp/contest/8boot/result01.html

Win8pro2
Powerrepowin8awardmods

応募動画はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=ub86b_-_l8E

現在の姿

http://www.youtube.com/watch?v=ioNtaGd0N8c

まあ実際のところWindows8 愛 などというものはなく(笑)、普通に使うために文句を言いながらいろいろ振る舞いを調べていたのが役立ったんでしょうか?

参考記事→ http://vladi.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/windows8tips-px.html

なんだかんだで家のマシンも、3台がWindows8になりました。

...まあでも、メトロはこれからも使いません(キッパリ!

マシンの概要

とクダを巻くのはのそれくらいにして、受賞したマシンの概要ですが、実質上2つの投稿の併せ技で評価いただいたようです。というのは同社運営の「AKIBA PC Hotline!」で受賞作品としてご紹介いただいていたのは、下のほうにある②のほうでしたので。

上記「結果発表」ページにあるのは以下のマシンですが、

① ZOTAC Z77ITXマシン

Zotz77a

CPU: Intel Core i7-3770K
マザーボード: ZOTAC Z77ITX-A-E
メモリ: CFD ELIXIR 1GBx1
CPUクーラー: クーラーマスター Hyper TX3
SSD: Crucial C300 64GB
光学ドライブ:必要に応じて外付け
ケース:Lian Li  クモ型ベンチ台 PC-T1 から足を外したもの
電源: Enhance Flex 300W小型電源
モニタ: センチュリーplus one LCD-8000V

本来は連休中に現在のZ68-ITX機の後継機を作るつもりで集めていたパーツを使って、とりあえず②の投稿を補填する目的で、まな板で仮組みして起動時間を測ったものです。

バラック建てでみっともない造りですが、過去数回の同誌のコンテストの傾向からしても、選定される方々がベンチマーク好きなのか、自作PCとしての完成度の良し悪しにはあまり関係なく指定のスコアが高いか低いかで部門賞を選ぶ傾向があるように見えましたので。
まあその辺が前回(2011年の真夏の省電力の祭典)、表彰者が尽くチート疑惑を持たれた(いろいろ疑いが濃かった)という現象も生んだと思いますが、一応今回もそんな選定基準を置かれてはたまらないので、そのケースも想定して、良いスコアにその"スコア秘訣集"っぽいものを添えたものも追加で投稿してみた感じです。

まあでも今回の選考を見ると、部門賞もバラエティに富んでいて必ずしもベンチマーク重視ではなく、主催者側もいろいろ工夫と苦労をされたのではないでしょうか? ただどうしても「何故これが?(選ばれた・選ばれなかった)」という声はあると思うので、もう少し読者投票などの要素を多く入れてはどうだろうか、と思ったりもします。電子出版も始められて購読者ユニークなIDの特定はできるわけですから。。前は現地投票というのがありましたが既に選考されたものの中での投票で、ちょっと企画倒れだった気がしますし。

さて、そんなわけで起動時間のチューニングそのものはYoutubeのページにコメントも入れましたし、それ以上のものでもありません。

この「ベンチマーク専用機」より、これらのパーツを使って組んだ本来の目的の水冷機

Cpu_unit_z

のほうがいろいろご紹介できる所が多いのですが、これはまた別の機会に記事にしようと思います。(実はまだまだシステムとして完成していない。。)

② ASRock Z77E-ITXマシン

こちらのPCは結構あれこれ手間を掛けています。

CPU: Intel Core i5-3570S (4C4T)
マザーボード: ASRock Z77E-ITX
メモリ: CFD ELIXIR 1GBx1 (計測時のみ 実利用ではGeIL BlackDragon 2GBx2)
CPUクーラー: ENTINY ZT510のファンを外したもの
SSD: Samsung SSD 840 PRO 256GB(ブート)
   A-DATA SP900 128GB(ワーク:計測時には取り外し)
ケース:ANTEC ISK-100
電源: ケース内蔵90W
モニタ: センチュリーplus one LCD-8000V
ファンコン::T-Balancer miniNG

Bld_sleeve

投稿映像&ご紹介映像
http://www.youtube.com/watch?v=Vp55L5wcPuA
http://www.youtube.com/watch?v=ynSuL56uarE

といっても実は今年の3月ぐらいから今までテレビ視聴用に使っていたZacate機

Zacatea

のリフレッシュとして、ケースの中身を入れ替える形で少しづつ作っていたもので、ほぼ完成した状態だったのですが、Win8の高速起動コンテストの話を聞いて、BIOSをカストマイズし直してSSDを取り換えてOSを入れ直した、というのが主な対応点です。

Zacateマシンも悪くなかったのですが、コメント表示とか2画面表示とか始めると能力不足でしたので、今回はかなり能力に余裕を持たせて、かつ電圧を下げる省電力設定によってAC90Wでも動くようにしたのが特徴になります。

このマシンの工夫のしどころはいろいろありますが(省電力設定はYoutubeのコメントに書いたので割愛しますが手順そのものは教科書通り、またオールスリーブ化は梱包材のプチプチをつぶすような地味な作業ですので、気持ちを落ち着かせたい時に少しづつやった感じです。)、ユニークなところとしてはCPUの温度管理と静音化のためにminiNGを内蔵した点です。

miniNGは本来こんな感じで

Mining_connect

下面と両脇に大きなヒートシンクを付けており、ISK-100の小さな筐体の隙間に入れるのは困難なので、このヒートシンクを外し、代わりに以下のような感じで、レギュレーターの部分に鉄の放熱板を密着させ、全体をケースのカバーに接着する形にしました。

Pmining

miniNGを本来の出力で使うならこんなちっぽけな放熱板ではとても足りないのですが、今回はファン1個で2~3W程度を制御すれば十分なので、これで足りるかと。

Mining_connect2

miniNGのセッティングのほうは以下のようにCurve Modeを使い、

Miningasr03

CPUコア温度74℃で回転開始、78℃から速度を上げて90℃で100% 、Hysteresis(履歴温度幅)は8℃ という設定にしています。

随分高い温度域で制御しているように見えますが、実際はCPUの温度はヒートシンクの上で測っており、測定される温度はかなりコア温度との差がありタイムラグもあるので、余裕を持った補正をおこなっています。例えば以下の図では、

Miningasr01_3

センサは実際には40.5℃を計測していますが、それに補正をおこなってコア温度69.5℃としています。

この補正式はコア温度にセンサ温度が追従しにくい急激な負荷増のケースを想定していますので、通常の利用ではそこまでコア温度は上がらず、結果余裕をもった温度制御になっています。
実際、prime95などで最も負荷を掛けた時でもコア温度は70℃台後半、ファン速度も70%ぐらいで安定しますので、だいたい想定した制御が出来ているかなと。
またアイドル時はほとんどファンは回らず、TV鑑賞中でも5分おきに最低回転数で回って1分で止まる、ぐらいの感じで十分に静音性が保たれています。

このように実測しながらきめ細かい制御と補正ができるのがminiNGやbigNGの良いところなのですが、miniNGは更に、このような狭い場所にも(何とか)収納できるのが取り柄になります。

何だかWindows8とは殆ど関係ない話になりましたが、確かにこのくらいシンプルなマシンだとWin8の高速起動は効果が高く、今までZacate+win7で数十秒かかっていた起動がほとんど一瞬で終わります。
ただUEFI/GPTブートだと、起動SSDを引っ越したりマザーを交換したり、という面での自由度がだいぶ制限されるので、その辺は今後ツールが充実するのを待ちたいですね。
今のところUEFI/GPTブート環境のバックアップ&移行に使えそうなのはHD革命あたりなのですが、私はこのxx革命とか驚速xxとか、日本語で煽るようなネーミングのソフトは使いません。大抵海外製のエンジンを使いにくく改変していますから。
.

Fast boot/GPTに対応したバックアップ/リストアツールについて

その後いろいろ試した結果、Fast Boot/GPT構成のWin8に対応したシステムバックアップ・リストアには Paragon Backup & Recovery 2013 Free Editionがなかなか良いことがわかりましたので、簡単にご紹介します。
これは無償の割にネットワークドライブへの保存や元のディスクより容量が小さい環境にもリストアできるなど、当たり前にできてほしい機能にきちんと対応しているところが、同じFreeでWin8対応を謳っているEASEUS Todo Backupなどより「使える」点です。
また評価としてはFreeだから良いというのではなく、通常使う機能としては有料のTrue Imageなどと比べてもWin8 Fast Boot/GPT対応も含めれば今のところ上ではないかと。

全体の使い方はこの辺を参照。ちょっと前のバージョンの説明になっていますが基本的なところは同じです。
http://mikisky40.web.fc2.com/kohza/kohza72.html

① Fast Boot構成で作ったローカルGPTドライブをバックアップするには、図のように

Paragonbkup1

バックアップ対象の指定でブート環境のHDD(SSD)の中身を全部指定します。具体的には上図のように、ブートドライブ(C:)のパーティションのほかに 回復/NO NAME/Local Disk と書かれたドライブ名のない区画の、合わせて4つを指定します。

バックアップ先はローカルの他のドライブを宛先にすることも出来ますし、図のようにlocal/networkドライブを指定して

Paragonbkup2

ネットワーク上の共有フォルダを指定することもできます。

Paragonbkup3

このようにバックアップを取っておけば、何か障害が起きて起動しなくなった時に、他の任意のPCを使って(sataに繋いだSSDなどに)システムディスクを復元できますし、リストアの際に図のように指定していって

Paragonrestr3リストア対象(ドライブ全部)

Paragonrestr4リストア先

ここで「Copy data and resize partitions proportionally」 を選ぶ。
Paragonrestr5

「yes, apply changes physically」を選ぶ
Paragonrestr6

以上のような指定で、元のディスクより小さなサイズのシステムディスクに引っ越すことも可能です。
(もちろん物理的に使用済サイズが収まることが前提です。またGPTドライブを復元するには復元先もGPTで初期化されていなければなりませんが、この辺は慣れの問題かと。)

私も今まではTrue Imageを長いこと使ってきましたが、比較するとバックアップファイルが1ファイルではなくフォルダになるような些細な違いはあるものの、ParagonはWin8のFast boot/GPTにきちんと対応している点は強みですし、何より昨今のTrue Imageは品質的にも迷走している感がありますので、今後その辺に対応したバージョンが出てもちょっと手を出しにくい気がします。
そういうわけで自分用の標準バックアップソフトは徐々にこちらに切り換えていこうかと思っています。

« PX-Q3PE、およびPX-W3PEの活用メモ (Spinelなしですぐに使いたい人向け) | トップページ | TS抜きにH.265エンコード環境/再生環境を追加する。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

young hamletさん、「TvRock.exeを実行するというところで躓きます。」というのはどういう状態でしょうか?それによって対応は全く異なります。

1.TvRock.exeをダブルクリックしたり「ログイン時に起動」を指定しているのに、TvRockアイコンがタスクトレイにも出てこない。あるいは一瞬出てきてもすぐ消えてしまう。
→たま~にTvRockの環境がおかしかったり、権限の問題でうまく起動しない事があります。リンク先を参照してください。
http://vladi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/plex-usbfaq-px-.html#4Q12

「期限切れ」の話はこのBlogでガイドしている「期限解除パッチ適用済みTvRock09u2(up0699.zip)」を使っていれば問題ない筈です。(そもそもあの問題の場合、11年7月以降は予約録画ができなくなる話なので、TVRockが立ち上がらない話ではありません。)

2. TVRockアイコンはタスクトレイにあるが、録画を予約した時間になって録画を開始しようとしてもすぐにTVTestが落ちてしまったり、番組表取得タスクを起動しようとしても同じくすぐにTVtestが落ちたりハングしたりする。
→TVRockOnTVTestが正しく入っていない場合そのような現象が起きます。ここのBlogの該当箇所をきちんと読んで正しく導入してください。
その問題でない場合、TVRockをDTune.batで設定する時の「実行アプリ名(録画用)オプション」に間違った値、特にDID x のx(A、B、Cなど)を間違えて他のチューナーと同じものにしてしまうと録画開始時にハングすることがあります。その辺もご確認ください。
以上、その辺も含めてFAQ
http://vladi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/plex-usbfaq-px-.html
にいろいろトラブル時の解決方法を書いておきましたので、眺めながら極力自力解決をお願いします。

大変お世話になっています。PX-W3U3初心者ですが、ご親切な情報・手引きのおかげで視聴までできるようになりました。
さて、質問です、予約録画に挑んでいますが、TvRock.exe.を実行するというところで躓きます。 実行ができないのです。 期限切れなのでしょうか? お手数ですが、よろしくご教示ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570024/57626402

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8 PCの祭典 (主催 DOS/V POWER REPORT) 特別賞(グランプリ)受賞:

« PX-Q3PE、およびPX-W3PEの活用メモ (Spinelなしですぐに使いたい人向け) | トップページ | TS抜きにH.265エンコード環境/再生環境を追加する。 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ